寝る前の15分は記憶のゴールデンタイム

スポンサーリンク

寝る前の15分は記憶のゴールデンタイムと言われています。

どういうことかと言うと、寝る前の15分というのは1日のうちで最も記憶に残りやすい時間なのです。

そのため、寝る前に「今日あった辛いこと」とか「未来に対しての不安なこと」ばかり考えていると、人生は嫌な記憶で埋め尽くされてしまうのです。

反対に、

寝る前の15分は「今日あった嬉しかったこと」とか「うまくいったこと」とかを思い出す
ようにしましょう。
そうすると、人生は楽しい記憶で埋めつくされていくのです。

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました