【要約】0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書

スポンサーリンク

0. はじめに

以下書籍の要約。

1. 新しいことを身につける訓練をする

新しいことを身に着けるスキルは、いかにたくさん新しいことを取得しようとしたか、それを実装の現場で使おうとしたかで決まる。実際、たくさん勉強をした経験のある人の方が、覚えるまでの期間が短い傾向にある。それは自分なりの学び方とアウトプットの方法を知っているから。

2. 情報を正しく伝えられるようにする

複数の意味にとれるような曖昧な言葉や擬音語は使わない。主語・述語を意識した論理的な構造で文を作る。こうした母国の論理的言語能力に加え、自分の考えを持ち、それを明確に伝える能力を鍛えるべき。

3. 検索癖をつける

人に「〇〇って分かる?」と聞くと、「知らない」とだけ答える人が多い。1分時間をかけて検索すればすぐ分かりそうなことなのに、調べる癖がついていない人が多い

4. イノベーションは最初がハードモード

ゲームや教育はイージーモードから初めて、ノーマルモード、ハードモードと進めるのがよいとされている。
しかし、イノベーション(新しいこと)については逆で、ハードモードからイージーモードに変わっていく。最初は資金力や経験、周りの同意などが必要である。始めてしまえば、あとは下り坂であることが多い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました