5分以内でできるなら困っている人を助けよう

スポンサーリンク

人に与えられる人は、長期的に見ると成功する。

と言われています。

このような人たちはGiverと呼ばれ、「見返り関係なしに、人に惜しみなく与えられる」タイプのことを言います。

人を助けることはとても素敵なことなのですが、実際人を助けようとする際、時間があまりなかったり、親しみのない相手だったりで、迷いが出る場合もあります。

そのとき、おすすめの判断基準としては、

相手のためになることを、5分以内に実行できるならすぐに実行する
ということです。
すぐに実行するということがポイントで、後回しにすると面倒になってきます。
(少し嫌らしい言い方かもですがw)相手には、「あの人から与えられた、助けられた」という印象が残ります。
もちろん5分というのはあくまで目安であって、3分でも10分でも構いません。
自分のためにも相手のためにも、困っている人をどんどん助けて、Peaceに生きたいですね!

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました