ANTLRを使って構文解析を行う

スポンサーリンク

0. はじめに

ANTLRを使って少し構文解析を行いましたので、備忘録として記事にしてみました。

1. ANTLRとは

アントラーと読みます。
構文解析を行うためのツールになります。
解析のためのルールを記述するgrammar(グラマー)をいうファイルを作成することで、与えられたテキストをそのルールに応じて振り分けすることができます。
グラマーはlexer(レクサー)parser(パーサー)という文法を使って記述します。
以下は公式サイトのサンプルgrammarファイルになります。

◆sample.g4
grammar Expr;       

/**
 * parser
 */
prog:   (expr NEWLINE)* ;
expr:   expr ('*'|'/') expr
    |   expr ('+'|'-') expr
    |   INT
    |   '(' expr ')'
    ;

/**
 * lexer
 */
NEWLINE : [\r\n]+ ;
INT     : [0-9]+ ;

1-1. lexer

  • lexerとは、字句解析器になります。
  • 正規表現を使って「この変数にはこんな値が入るよ」を定義します。
  • 上記サンプルgrammarファイルの「lexer」部分になります。

1-2. parser

  • parserとは、構文解析器になります。
  • 「解析する構文はこんな感じで振り分けるよ」を定義します。
  • 上記サンプルgrammarファイルの「parser」部分になります。

2. 環境構築

※VSCodeはインストールされている前提とさせて頂きます。
VSCodeに、拡張機能であるANTLR4 grammar syntax supportをぶち込みます。

元々環境構築やデバッグが少し手間だったのですが、これを使えばめちゃくちゃ楽になります。
自分が使った機能としては、以下のようなものがあります。

  • シンタックスハイライト機能
  • デバッグ機能(構文解析結果がイメージで確認できる)
  • 言語に応じたジェネレート機能

他にもたくさんのことができるようです。詳しくはvscode-antlr4をご参照ください。

キャプチャ.PNG

3. グラマーファイルを作成する

それでは、グラマーファイルを作成していきます。
lexerとparser、1ファイルで書くことも、別々のファイルで書くこともできますが、当記事では1ファイルで書いています。
そして今回は子供達にも喜んでもらえるよう、きめつちっくな構文を解析してみます。

入力文字列(例)種別番号名前オプション
水の呼吸拾壱の型凪拾壱
雷の呼吸壱の型霹靂一閃(六連)霹靂一閃六連

「入力文字列」を与えることで、「種別」「番号」「名前」「オプション」として解析できるようにします。
オプションてなんやねんて感じですが、六連なのか八連なのか神速なのか、名前だけでは情報が不足する場合もあるので。。。
結果、グラマーファイルは以下のように書いてみました。

◆Breathing.g4
grammar Breathing;

/**
 * parser
 */
breathing :
    // [TYPE]の呼吸[NUM]の型[NAME]([OPTION])
    type '\u306e\u547c\u5438' num '\u306e\u578b' name ('('option')')?
    ;

type :
    TYPE
    ;

name :
    (ANY)+
    ;

num :
    NUMBER
    ;

option :
    (NUMBER | ANY)+
    ;

/**
 * lexer
 */
TYPE :
    // 水炎雷風岩蟲花恋蛇音獣月日
    [\u6c34\u708e\u96f7\u98a8\u5ca9\u87f2\u82b1\u604b\u86c7\u97f3\u7363\u6708\u65e5]
    ;

NUMBER :
    // 壱弐参四五六七八九拾
    [\u58f1\u5f10\u53c2\u56db\u4e94\u516d\u4e03\u516b\u4e5d\u62fe]+
    ;

ANY : 
    .
    ;

4. テキストを与えてデバッグしてみる

4-1. launch.jsonを作成

.vscodeフォルダ配下に、launch.jsonファイルを作成し、以下のように記載します。

◆launch.json
{
  "version": "1.0.0",
  "configurations": [
      {
          "name": "Debug ANTLR4 grammar", // 任意の名前
          "type": "antlr-debug",          // 決め打ち(多分)
          "request": "launch",            // 決め打ち(多分)
          "input": "input.txt",           // 入力となるテキストを記述したファイル
          "grammar": "Breathing.g4",      // 使用するグラマーファイル
          "printParseTree": true,         // デバッグ結果をデバッグコンソールに表示するか
          "visualParseTree": true         // デバッグ結果をグラフィカルなツリーで表示するか
      },
    ]
}

4-2. 凪なデバッグ実行

input.txtに、以下を入力して、VSCodeでデバッグ実行します。

◆input.txt
水の呼吸拾壱の型凪

以下のような実行結果になればOK!

2.PNG

4-3. 霹靂一閃(六連)なデバッグ実行

input.txtに、以下を入力して、VSCodeでデバッグ実行します。

◆input.txt
雷の呼吸壱の型霹靂一閃(六連)

以下のような実行結果になればOK!

3.PNG

5. プログラミング言語に合わせたコードを出力する

5-1. settings.jsonを作成

.vscodeフォルダ配下に、settings.jsonファイルを作成し、以下のように記載します。
なお、他にも色々な設定することができます。詳しくはvscode-antlr4(extension-settings)をご参照ください。

◆settings.json
{
    "antlr4.generation":{
        "mode": "external",   // 決め打ち(多分)
        "language": "CSharp", // 出力したいプログラミング言語名
        "listeners": true,    // listener形式で出力するか
        "visitors": false,    // visitor形式で出力するか
        "alternativeJar": "antlr-4.9-complete.jar", // ANTLRのjarファイル(※)
        "outputDir": "parser" // 出力先のフォルダ名
    }
}

(※)ANTLRのバージョンを指定したい場合に設定します。指定しないと4.8で出力されます。ANTLRの各バージョンのjarはこちらからダウンロードできます。

5-2. コードを出力する

グラマーファイルを保存(Ctrl + s)すれば、outputDirで指定したフォルダにコードが生成されます。

1.PNG

6. GitHub

antlr_breathing

7. おわりに

個人的に普段は使わないような技術なので、新鮮な気持ちで取り組むことができました:innocent:
当技術をピンポイントで使うことはあまりないかもしれませんが、何かしらに応用できればと思います:innocent:

コメント

タイトルとURLをコピーしました